小屋組
■ 小屋組
合掌
がっしょう
主に木造軸組工法に用いられる小屋組。2つの材を山形に組み合わせて屋根を支える構造です。合掌を用いた白川地方・五箇山地方に特有の民家を「合掌造り」と呼びます。
小屋
こや
天井と屋根との間の空間のこと。また、そこにある屋根を支えるための構造(小屋組)を表します。小屋裏というと屋根裏のこと。
小屋組
こやぐみ
屋根を支えるために設けた骨組み。小屋梁母屋垂木棟木などから構成されています。和風小屋組み洋風小屋組みがあります。
洋風小屋組み
ようふうこやぐみ
主に枠組壁工法(ツーバイフォー)に用いる小屋組。部材が三角形に構成されているため、外力(風力、地震力)に対して変形しにくい構造です。=「トラス小屋」
和風小屋組み
わふうこやぐみ
主に木造軸組工法に用いる小屋組小屋梁の上に小屋束を立てて屋根を支える構造。水平方向に作用する風力や地震力等に対して変形しやすいという欠点があります。