木造
■ 構造・工法
大壁・大壁造り
おおかべ・おおかべづくり
木造住宅の壁の造り方の一つ。洋室などに多く使われる、柱を見せずに仕上げる方法。柱にボードなどを張って下地とし、壁紙などで仕上げげます。
真壁・真壁造り
しんかべ・しんかべづくり
木造住宅の壁の造り方の一つ。和室などに多く使われる、柱を見せて仕上げる方法。柱が構造材化粧材を兼ねます。
木質系プレハブ住宅
もくしつけいぷれはぶじゅうたく
プレハブ工法による木造住宅の建て方。各ハウスメーカーが独自の工法・構造を開発した木質パネルによって、壁や床などの面で耐震性を確保する工法で、工期が短いのが特長です。
木造軸組工法
もくぞうじくぐみこうほう
日本の伝統的な木造住宅の建て方。土台筋交などの軸組(骨組み)で構成されます。木造の他の工法に比べてプランニングの自由度が高いです。
枠組壁工法(ツーバイフォー)
わくぐみかべこうほう
北米から輸入された木造住宅の建て方。2×4インチの部材と構造用合板を用い、壁や床などの面で耐震性を確保する工法です。構造上、多少レイアウトの制約があります。
■ 軸組
横架材
おうかざい
胴差し土台など、木造建築の軸組において水平方向に渡された部材のことです。
大梁
おおばり
柱と柱を繋ぐのこと。
管柱
くだばしら
柱の一種。2階以上の木造建築の柱のうち、一本で土台から軒まで通さずに、途中のなどで中断されている柱。通し柱以外の柱のことを呼びます。

けた
小屋組を支える水平な部材。垂木小屋梁柱に荷重を伝える横架材。建物の棟に平行な方向のことを桁行(けたゆき)と呼びます。
構造材
こうぞうざい
柱・梁・土台など、建物の構造を担う材料の総称。下地に隠れてしまうものが多いが、化粧材を兼ねるものもあります。
構造用合板
こうぞうようごうはん
建築の構造上重要な部位に用いる合板。主に床・外壁の下地として用いられます。柱の外側に打ち付けると、筋違の様な効果が得られます。
小梁
こばり
主に大梁と大梁を繋ぐのこと。
敷桁
しきげた
外壁の頂部にあって、柱を連結しておく桁のことで、小屋梁を受けるもの。上部に鼻母屋(桁に最も近い母屋)を乗せて垂木を受けます。
仕口
しぐち
木材の加工において2つの材料を接合させる時に、直角につなぐ加工方法。また、その接合箇所のことです。
集成材
しゅうせいざい
木材の板(厚さ25〜50mm程度)を重ねて接着して造られた材のこと。変形が少なく、大きな断面のものや長い材料が得られます。
軸組
じくぐみ
木造・鉄骨造の建物の骨組みのこと。土台筋交などで構成されます。
筋交・筋違
すじかい
建築の変形を防ぐために、2本の柱と上下の横架材で出来る四角形に対角線状に入れる材料。筋違は最低でも30mmX90mm以上と定められています。
継手
つぎて
木材の加工において2つの材料を接合させる時に、一直線につなぐ加工方法。また、その接合箇所のことです。
通し柱
とうしばしら
柱の一種。2階以上の木造建築の柱のうち、一本で土台から軒まで通っている柱で、通常は建物の四隅など構造上重要な位置に使われる柱のことです。
胴差し
どうさし
木造住宅の構造材で、上階と下階の間に水平に入れる部材。各管柱をつなぎ上階の床を支える梁を受けます。
胴縁
どうぶち
羽目板やボードを取付けるための材。「横胴縁」は柱や間柱に水平に取付け、「たて胴縁」は土台に垂直に取付けます。
土台
どだい
柱を支え、荷重を基礎に伝える部材。基礎の上にアンカーボルトで固定されます。腐蝕に強い桧やヒバなどが用いられます。

ぬき
柱や束を貫いて固定する薄くて幅の狭い板材で、真壁造りに使用されます。柱を貫通させるものと、柱ごとに差し込むものがあります。
軒桁
のきげた
外壁の頂部にあって、軒の下に渡される横架材。母屋の一種で垂木を受ける役割を持っています。
登り梁
のぼりばり
水平にではなく、屋根の勾配などに沿って登るように設けられた斜め天井などにおいて、梁をみせたくない場所などに用いられます。

はしら
屋根や床の荷重を支え、土台などへ伝えるための垂直の部材。とともに構造上最も重要な部材です。
羽目板
はめいた
外壁・内壁に用いる平坦に張った板。板の張り方で「縦に並べて張るものを「縦羽目」・横に並べて張るものを「横羽目」と呼びます。

はり
小屋組床組を支える水平な部材。柱と柱を繋ぐ梁を大梁、主に大梁と大梁を繋ぐ梁を小梁と呼びます。
梁せい
はりせい
の下面から上面までの高さのこと。幅のことは梁幅と呼びます。樹種・梁間(スパン)などによって、必要な梁の寸法が決まります。
梁間
はりま
を支える両側の柱の中心間の距離のこと。この距離に応じて梁の寸法や材質が決まります。=「スパン」
火打
ひうち
土台の変形を防ぐ為に、直角に交わる角の部分(隅角部)、T字に接合する部分に斜めに取付ける補強材。通常は角材を用いますが、板類を用いることもあります。
まぐさ・窓台
まぐさ・まどだい
出入口、窓などの開口部の上下に水平に設ける部材で、上部にありその上部の壁を支えるものを「まぐさ」、下部にあり窓の下枠を受けるものを「窓台」と呼びます。
間柱
まばしら
柱の一種。柱と柱の間にあって、内・外壁下地のための柱で上の階の荷重を負担しないもの。通常、柱の半分もしくは3分の1の厚さのものを使用。
■ 小屋・屋根
けらば
けらば
切妻屋根の妻側(棟の両端部)の端部の名称。けらばに設ける瓦をけらば瓦と呼びます。
小屋束
こやつか
小屋組を構成する材で、母屋からの荷重を梁に垂直に伝える部材。真束・杵束・蕪束・対束・吊束などの種類があります。
小屋梁
こやばり
小屋組の一番下に水平にある部材で、垂木と平行に用いられるものを呼びます。和風小屋組みでは自然丸太などが使われます。
隅木・谷木
すみぎ・たにぎ
隣り合う屋根傾斜面の交わる部分に取付ける材で、出隅に取付けるものを隅木、入隅に取付けるものを谷木とよびます。
垂木
たるき
屋根勾配にしたがって、棟木から母屋軒桁に向けて架け渡し、野地板を受ける角材。通常、450mm間隔で設置します。
吊木・釣木
つりぎ
天井などを吊る為に用いる材で、上部は小屋梁・床梁(床を支えている梁)などに固定した釣木受けにとりつけます。
野地板
のじいた
屋根工事の下地板のこと。垂木の上に直接打ち付けるもの。廊下、縁側などでは、野地板をそのまま天井仕上げとすることもあります。→「化粧屋根裏天井」
鼻隠し
はなかくし
垂木の鼻の木口を隠すために取付ける板。材質は木・金属成形版・プラスチックなどがあります。
破風板
はふいた
垂木母屋・桁の鼻(部材の先端部)を隠すために取付ける板。破風板によって、屋根の妻側(棟の両端部)の形が決まります。
棟木
むなぎ
棟(小屋の頂部)に取付ける横木。両側からの垂木を受けます。棟木を取付けることを棟上げといい、そのための儀式を上棟式と呼びます。

むね
屋根の頂部のこと。一般に屋根の傾斜面と傾斜面の合わさった部分で、水平のものを棟、傾斜面の方向が変わり、斜めになる部分を隅棟といいます。
母屋
もや
棟木と平行に取付け、垂木を支える水平部材。束、もしくは登り梁で受けます。90mm角程度の材を900mm間隔程度で設置します。